脱毛と毛嚢炎

毛嚢炎という症状があります。
これはどのような症状かというと、ムダ毛処理で起こる肌トラブルで、ムダ毛処理のニキビのようなものと言えるでしょう。

 

医療レーザーで起こる可能性もありますし、脱毛サロンでの施術でも起こる可能性がありますから、絶対的にサロンやクリニックが安全だとも言い切れないのです。

 

感染症の一種


毛嚢炎とは細菌の感染症の一種です。
毛根部分に細菌が入り込み、炎症を起こして白ニキビのような吹き出物ができます。
これが毛嚢炎です。

 

レーザー治療は安全だと思っていたのに・・・と思っている女性もいるかと思いますが、レーザーで毛根内部の毛根を死滅させる際、肌のバリア機能まで一緒に破壊することで、毛根に細菌が入り込み、炎症を起こしてしまいます。

 

 

脱毛以外でも毛嚢炎は起こり、ストレスで免疫が弱まると皮膚が傷つきやすくなるので毛嚢炎を起こすことがあります。
さらに食生活が乱れていると肌が荒れがちになり、毛嚢炎になります。
例えば甘い物ばかり食べている、偏食ばかりという場合などに毛嚢炎ができるようです。

 

 

脱毛をする場合、レーザーではどうしても毛根の細胞を死滅させることになるので、誰にでも毛嚢炎が発生するリスクはあります。

 

 

予防と対処法

 

それをどうやって防げばいいのかは、やはり肌にあまりべたべたとさわらないこと、こまめに洗顔することやレーザー照射当日や数日は施術したパーツに刺激を与えないことが何よりです。
もちろん、アルコールなどの飲酒は禁止、汗をかくような運動や入浴も禁止です。

 

 

基本的にはブドウ球菌が起こす白ニキビと同じ原理でできているのが毛嚢炎なので、悪さはしませんが見目が悪いので、もし医療レーザーで毛嚢炎ができてしまった場合、クリニックの医師に診てもらいましょう。

 

毛嚢炎が起こった場合、軟膏を処方してくれますから、それを塗って、施術したパーツに触れるものは清潔なものにしておくことも重要です。

 

特にフェイシャルなど施術する場合、毛嚢炎になるとニキビが増えた!
ということにもなりかねませんから、洗顔は正しく行い、ふき取る場合は新しいタオルで水気をポンポンと吸い取るようにしましょう。
ごしごしこすりはNGです。

 

毛嚢炎をニキビだと思って押しつぶして中身を出そうという行為はやめましょう。
跡に残ってしまう場合もあります。
せっかく綺麗になろうと思って脱毛の施術を受けているのに、ニキビ跡のようなものができてしまっては本末転倒です。

 

さらにいうなれば、脱毛サロンで施術するより医療脱毛でレーザー脱毛したほうが毛嚢炎になりやすいです。
これは覚えておくとよいでしょう。

 

何故ならフラッシュ脱毛より出力が高いレーザーで施術するので、毛嚢炎の発症リスクが高くなるためです。
医療脱毛を受ける前には覚えておきましょう。

 

 

だからといって医療脱毛がNGであるとは限りません。
正しいスキンケア、正しい洗顔と清潔を心がけていれば、毛嚢炎のリスクから離れることができます。
ただ、男性の場合、ひげ脱毛をする場合のレーザー治療で毛嚢炎にかかる男性が多いと言います。

 

 

どちらにしろ衛生面に気をつけて数日間は過ごす必要がありそうです。