脱毛に保険は適応されるの?

脱毛するにあたり、保険適応できるかどうか知りたいところです。
どうせならリーズナブルな価格で脱毛したいので、保険適応できれば全体の自己負担の3割となります。
3割となればかなりお得ですから、保険適応できれば非常に嬉しいことですね。

 

では実際保険適応はできるのでしょうか。

 

保健適応はなし


結論から言ってしまうと、基本的には脱毛サロンも医療脱毛も保険適応にはなりません。
それは美容外科や美容整形と同じく、美容を目的とした行為であるためだからです。

 

 

保険適応となる医療行為は最低限国が必要であると認めた場合のみです。
ですから健康保険などは病気や怪我などに対してのみ使うことができる保険であり、ムダ毛処理や容姿を整える目的に関しては健康保険の適応外となります。

 

例外はあります

 

ただ、保険が適応されるケースもあるので覚えておきましょう。
それは多毛症という症例の場合です。
多毛症は柔らかい毛が硬い毛に変化する症状です。
多毛症と聞くと毛が多くなるというイメージを抱きますが、そうではありません。

 

多毛症の原因として考えられるのは薬の服薬や腫瘍ができることにより男性ホルモンが過剰に分泌されるためと言われています。
男女問わず多毛症は見られますが、女性の場合は男性ホルモンが卵巣の疾患であるケースもあるので保険が適応されます。

 

 

コストダウンは交渉で

 

では高額な医療脱毛はどうやってコストを下げることができるのか?
と考えた時、実は金額交渉ができるという点があります。
医療脱毛は国が定めているものではなく、クリニック独自が定めた料金なので、金額交渉ができる可能性があります。

 

クリニックにおいて金額交渉はイメージがつきにくいかもしれませんが、ダメ元でお願いしてみるのも良いでしょう。
対応してもらえるケースもあるので、それならコストダウンになります。

 

 

また自由診療である医療脱毛は共通の料金設定ではないことが分かっていますから、クリニックによって料金が異なります。
あまりに差額が激しいものではないかと思いますが、それでもリーズナブルな価格のクリニックもあります。

 

よく比較して

 

脱毛サロンが主流となってきた近年、医療脱毛も料金を下げてきているクリニックも多いようです。
ですから、できるだけ色々なクリニックを調べて料金を比較してみるとよいでしょう。

 

ただ、オプションが高額だったりドクターズコスメの押し売りなどがあるケースもあるので、口コミ、レビューなどはしっかりチェックしておく必要があります。
自分の意志がしっかりしていて、押し売りやオプションに乗らないという自信があるのなら、リーズナブルな医療脱毛のクリニックを選んでも正解です。

 

 

保険適応でない脱毛は高額な買い物だと言えます。
ただ、永久的にセルフケアが必要のないつるつるの肌を手に入れるにはそれだけ価値のある買い物だと言えます。

 

セルフケアで肌にダメージを負わせるのがイヤだと思う女性は、脱毛サロンや医療脱毛へ通い、施術を受けるとよいでしょう。
特に最近の脱毛サロンではリーズナブルな月額制なども取り入れているので敷居をまたぎやすいでしょう。